いらっしゃいませ♪

ガラス工房清天 松田清春

【職人紹介】 松田 清春(まつだ きよはる)

1963年生まれ。

琉球ガラスの技術を独学で習得し、1997年読谷村に「ガラス工房晴天」を構える。

廃瓶をアートに変えた先駆者。ねじりが生み出す独創的なデザインや色は他の琉球ガラスには見られない、優美でスタイリッシュなデザイン。

日々の暮らしのなかで使いやすく工夫された作品が多く、生活に無理なくすっと馴染む。

< 前のページ
次のページ >
16件 [ 1-16 ]