いらっしゃいませ♪

常秀工房 島袋常秀

【陶工紹介】 島袋 常秀(しまぶくろ つねひで)

1948年生まれ。父、島袋常恵氏に師事。

1975年 常秀工房設立。

1987年 読谷村に移転、金城次郎窯を共同窯として使用。

壺屋焼きの伝統的な手法を守りつつ、新しい色、斬新な形の器などに次々と挑戦されている。

特に呉須(ごす)を使った藍色は見る者を魅了する。常に使う者の側に立ち、民藝の精神である用の美を追求している。

2002年に沖縄県芸術大学工芸科教授に就任。沖縄タイムス芸術選賞など受賞多数。

< 前のページ
次のページ >
2件 [ 1-2 ]